訳あり物件要ポイントPOINT

限定用途

限定用途

今や「住む」だけが物件の使用目的じゃないんです。
その物件に適した使用用途や、その物件ごとの限定条件、あるんです。
様々な人が住んでいて、様々な生活スタイルが混在する東京だからこその「限定用途訳あり物件」。
あなたの可能性、きっと広がる。

0からのスタート

・・・夜逃げしたの?そんなセリフが出てしまいそうな荒れ放題の元事務所物件。
不況の波で倒産したのか、はたまた勝ち組となり新天地に事務所を移したのか。
理由はどうあれ、まだリフォームなどもしていない「素材」のままの物件も探すとあるもんです。
正直、こういう物件はとっつきにくいかもしれません。
しかし「素材」のままなら自分色に染めてしまえばいいのでは?
こういった物件の多くはリフォーム・改築、相談のります、なんて書いてあるものが多数。
用途や条件などしっかりと相談した上で、0からのスタートを0からの場所で。

クリエイティブッケン

クリエイター必見の物件、増えてます。
「まずはポートフォリオ添付のうえ大家さんにお問い合わせください」
・・・んー、まさに訳あり物件、限定用途物件。
大家さんがアーティスト、区画スペースを貸し出すという、物件です。
もちろん複数スペースがあり、異業種他ジャンルなアーティストの卵が集っています。
アトリエがほしい、作業スペースがほしい、そんなあなたにはまさに最適ではないでしょうか?
右脳を刺激する訳あり物件、オススメです。

あと2年

まさに限定。
なにが?って、あと2年しか住めないのです。
再開発の指定地域ということなのです。
2年後、3年後に取り壊しが決まっているのでしょう。
なので価格もずいぶん控えめです。
内装なども大家さんに相談すればかなりいじってもよさそうです。
なにせあと2年なのですから。
そんな切なさもちょっぴり感じる哀愁物件。
最後の2年をあなたと共に。
最後に一花咲かせてやって、くださいな。